クレジットカード現金化
HOME > 違法な現金化の業者とは?

悪質な現金化の換金業者の手口とは?

悪質な現金化 金融サービスの利用上与信の低い方々や、年収のあまり高くない方にとっては、キャッシングサービスなどは上限が定められることによって、サービスは便利な一方、その方々に対するサービス内容は十分かと言えば十分ではないサービスを受けることしかできないというのが現実ではないでしょうか。その一方でクレジットカードの現金化サービスであれば、そのような与信に応じた上限が設けられることもなく、また最近大きな問題になっている総量規制による年収などの影響で、十分な借り入れサービスを受けられないということも起こることはなく、キャッシングサービスのような、事前審査を行うということもないので利用がしたければクレジットカード持っているという理由だけで、サービスが制限なく受けられるわけです。
これは無限に現金が調達できるということではなく、あくまでショッピング枠の範囲内でという事にはなりますが、それ以外の利用に対する金額的な上限が設けられているわけではありませんので、 非常に便利で柔軟な現金調達方法であると言えるでしょう。 しかしながら1点だけこのサービスにはデメリットがあります。それは法律上はあくまで合法的なサービスですので、利用に際して制限はありませんが、クレジットカード会社がこの利用方法を禁止しているため、公にそのサービスが民事上の問題で利用できないという一面があります。
このことに起因して、利用者が公にその利用を公言できないという事情から、換金会社の中には悪質な詐欺まがいのサービスを提供する換金業者もおり、また同様にそのサービスが起因することで、利用者がその換金会社の選択を、自らの責任で行なわなければならないという事情が、これら悪質な業者を暗躍させる原因にもなっています。仮にこれら悪質な業者と取引を利用者が行ってしまった場合、そのことをクレジットカード会社に申告したとしても、当然クレジットカード会社は、その利用者も処罰の対象としますので、最悪クレジットカードの利用停止や、換金の際に購入した商品代金の即時返還を求めるという事態に発展する可能性もあります。
悪質な業者は、そのことを十分理解しているので、利用者が泣き寝入りをする可能性を考え、そのようなサービスを提供しているわけです。そのほとんどの業者の手口は、クレジットカードの番号や暗証番号を利用者から聞き出したり、利用者が商品を購入した場合に、利用者に支払うべき現金を支払わずに消息を絶ったりというようなことが一般的には行われます。実際問題トラブルが起こってからでは、 そのトラブルを解決することは非常に難しく、利用者としてはメリットがある解決に至れる可能性はほぼほぼ無いと考えておかなければなりません。
そのようなことからやはり防衛処置を取るためには、事前にこれらのサービスの情報提供サイトをしっかりと参考にし、危険な業者については絶対にその取引を行わないということが必要となります。

▲ページTOPへ



メニュー

クレジットカード現金化の豆知識

Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト