クレジットカード現金化
HOME > よく聞く「無価値な商品」とは?

クレジットカード現金化でよく聞く「無価値な商品」とは?

クレジットカード現金化でよく聞 クレジットカード現金化について検索すると、消費者庁の注意勧告ページなどが出てきます。そこには、現金化業者が販売する商品はほとんど無価値なものであり、高額の代金を払ってまで購入する価値はないと書かれております。確かに、クレジットカード現金化では、ビジネス書などが数十万円という高額料金で販売されており、買取業者に持ち込んでも値段がつくことはないでしょう。

しかし、クレジットカード現金化の目的はあくまで現金であり、商品自体に価値を求めているわけではありません。とくにキャッシュバック方式では、実物を換金するわけではありませんので、手元に届いた商品については廃棄しても構いません。むしろ、より多くの現金を必要とする方にとっては、下手に商品にお金をかけるよりも、千円でも多くのキャッシュバックを望んでいるのではないでしょうか。

また、クレジットカード現金化には買取方式もありますが、専門業者を利用する場合は、キャッシュバック方式と同様に換金率についてあらかじめ設定されているため、商品価値についてあまり問題になりません。

実際、手元に商品が届いたら、すぐに業者側へと郵送するため、中身についてほとんど確認していないという方も多いでしょう。業者への問い合わせ内容も、商品価値に関することはほとんど訊かれず、換金率や入金日について問われることが多いです。ただし、個人でクレジットカード現金化を行う場合は、買取業者に持ち込んだときにいくらで換金できるのか見定めることは大切です。換金しやすい商品としては、宝石などの貴金属や商品券などの金券が一般的であり、貴金属店や金券ショップなど、それぞれの専門店に持ち込む必要があります。とくに商品券に関しては92〜95%の高換金率となることが多く、個人の利用者に大変人気があります。

ただし、インターネットから金券を大量購入すると、クレジット会社から怪しまれる可能性が高く、場合によってはクレジットカードを利用停止処分にされる恐れがあります。一度目は様子見ということで見逃してもらえる可能性もありますが、二度目は通用しないことが多く、繰り返し行うほどリスクが高まります。一方、専門業者を利用した場合は、通常のショッピングを行っているのと表面上は変わりませんし、業者によってはさらに細かく決算方法を変えるなどして、クレジット会社への対策を行っています。そのため、実績の高い優良業者ほど、より安全にクレジットカード現金化を行うことができます。


▲ページTOPへ



メニュー

クレジットカード現金化の豆知識

Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト