クレジットカード現金化
HOME > 現金化について詳しく知ろう> 困ったときは現金化

困ったときは現金化に限る!

現金化に限る

「急に現金が必要になったけど、キャッシングはもう限度額がいっぱいなので困った・・・」

このような状況になると、もう打つ手が無いような気がしてかなり焦るものですが、こんなピンチを乗り切る賢く安全な方法があります。
それは「クレジットカード現金化」という手法で、これならキャッシングが出来なくても、クレジットカードさえあれば現金を手にすることができますよ。
「何でキャッシングしないのに現金が手に入るの?」と不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、カラクリとしては次のとおりです。 そもそも、クレジットカードというのは「ショッピング枠」それに「キャッシング枠」の2種類の枠があって、普通の場合でしたら現金が必要なときはキャッシングを利用します。 しかしながら、あいにく限度額いっぱいまでキャッシングしてしまっている場合、もうそれ以上は借り入れが不可能となります。 ですが、このような時の救世主となるのが「クレジットカード現金化」で、これを利用すれば、ショッピング枠で商品を購入したのちに換金したりキャッシュバック付き商品を買って、現金をゲットすることができるのです。 これなら、キャッシングできなくても現金が手に入るので大変に助かると思います。 しかも、キャッシングやサラリーローンの金利は通常20パーセント前後なのに対し、クレジットカードのショッピング枠を利用した場合、リボ払いなら金利はたったの12〜13パーセントで済みます。 お支払も、「リボ払い」「分割払い」など、都合に合わせて返済方法を選べるので何かと助かることでしょう。

それに、このシステムを利用する際、面倒な審査等は一切ありません。

なぜかというと、クレジットカードそのものがすでに審査を通過しているからです。 このようなシステムを取り扱っている業者は世の中に星の数ほどありますので、どの企業にしたらいいのか迷ってしまうかもしれませんね。 そんなときは、クチコミなどで評判のよい会社を利用してみるのは言うまでもありません。

あまりに高い換金率は危険な取引になる認識を

換金率は危険な取引 クレジットカード現金化サービスは、他のサービスとは異なるポイントがいくつかありますが、大きくはまずキャッシングなどは一般的に認知をされたサービスであることに対して、クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社がその利用を禁じていることから公にサービスが利用できないということです。

しかしながら法律上はあくまで合法的なサービスですので、問題は無いのですが民事上の問題があるということになります。キャッシングサービスと比較をすると、非常に優れたメリットの多い優秀なサービスですので、それを差し引いても十分に利用者にはメリットがあるのですが、上記で述べた通りの問題がありますので、利用者はあまり高い還元率のサービスを提供する、換金会社との取引を不用意に行うということは考えものでしょう。

利用者としては当然ながらより高い還元率のサービスを利用したいと考えるのが当たり前ですが、その希望を叶えつつ安全に利用を考えようとした場合は、やはりインターネット上で提供されている情報提供サイトをうまく利用し、正確で質の高い情報を収集することが大事です。クレジットカードの現金化を利用するにあたっては、まずこのことを必ず守り安全に利用ができ、且つより条件の良い換金会社との取引をする事をお勧めします。



▲ページTOPへ



メニュー

クレジットカード現金化の豆知識

Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト