クレジットカード現金化
HOME > いざという時の> 効果的な利用

効果的な利用方法とは

クレジットカード現金化を利用する目的には、クレジットカードのショッピング利用枠を用いてまとまった現金を借りる手法のことであり、利点があるかないかについては、ケースバイケースであります。
確かにクレジットカードで現金をキャッシングするよりは、金利が3パーセントほど安くなる利点があったりスムーズに借りられたりという事もはありますが絶対というわけではありません。

その仕組みについては、金融業者から粗品を購入した形態を取りショッピング枠の近い値段でそれを購入して、その粗品代と手数料の金額を減じた金額を金融業者がまとまった現金として利用者の口座に振り込むといった形でのシステムになっています。 そして、利用者としては毎月クレジット会社に返済だけを行えば良いということになるのです。
クレジットカードには、ショッピング利用枠とキャッシング利用枠といった二つの枠があり、そしてその上にそれを併せたものを総枠という仕組みになっております。

まず個々に極度額が決まっており、総枠での極度額も決まっているという二段構成になっているのです。 そして、ショッピング枠の金利については、15パーセントが相場になっており、キャッシング枠の金利については18パーセントになっております。 確かに将来的にまとまった金額を借りた場合における3パーセントの金利差は、年間にすると大きくなる場合があるのは確かでもあります。 ただ金融業者としても、粗品代や手数料代を取るので、その金額によっては別段メリットを感じられない場合もあると言えます。 その手数料や粗品代についても多くは借りた金額の1割程度であるので、仮に30万円借りたら3万円程度は粗品代と手数料として消えていき残りの27万円が振り込まれる形となるのです。 従って、その粗品代と手数料がどのくらいになるのかが問題でもあるのです。 たまに95パーセントの還元率といった宣伝も見かけることがありますが、それなら5パーセントの粗品代と手数料で済むので、その場合だと若干利用者のメリットが向上するかもしれません。

またクレジットカード現金化を行う金融業者の信用性が一番大事なのです。 実際に宣伝とは食い違ったり、一度利用しても現金が振り込まれないといったトラブル等が付き物でもありますので、慎重に利用することが大切となります。

クレカの現金化は使いすぎると後が心配?

クレカの現金化 クレジットカードの現金化サービスはキャッシングではありませんので、利用時にはクレジットカードを持っているということだけで、すでに現金を手にための条件が整っていると言えるサービスです。

従って、キャッシングなどの審査もなく融資に対する制限もなく、また総量規制の対象にもなっていませんので、枠の余裕がある限り自由に現金を捻出することが可能です。しかしながらこのサービスは魔法の杖ではありませんので、当然なことにクレジットカードの商品代金の指定する支払日が訪れれば、利用者はその代金を支払わなければなりません。

したがって無計画に活用をすると、後で非常に苦しい状況に落ちる羽目になります。キャッシングと比較しても、メリットが大きく非常に利用客の自由度が、あるこの便利なサービスですが無計画な利用のしすぎは、結果的に自分自身の首を絞める事になりますので、必ず計画的に利用を行い返済をしっかりと見据えて現金の調達を行うようにしましょう。



▲ページTOPへ



メニュー

クレジットカード現金化の豆知識

Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト