クレジットカード現金化
HOME > いざという時の> うまく使うって?

本当にうまく使えるのか?!

クレジットカード現金化っていったい何と思う人もいるでしょうが指定の商品を買ったら現金化出来るという物なのです。

それは便利だと思ったら利用したらいいと思います。

分かりやすく言ったらある場所に品物を持って行ってそれを現金に変えてもらうと思いますがそれに似ています。 キャッシングに比べたら年間の金利が安いというのも大変魅力的だと思います。 そして身分証を提示したら審査等の面倒な事はありません。

いかがですか。

やってみたい気持ちになりませんか。
もっといい事もあります。
それは来店しなくてもいいという事なのです。 それはすごく効果的で便利です。 もちろんいい点ばかりではなくデメリットもありますので各人でよく勉強される事をお勧めします。 そして賢い使い方をして欲しいです。
これは使ってみる価値があると判断するかないと判断するかは個人の自由ですのでよく勉強した方がいいと思います。 言葉は知っているのだけど詳しくは知らなかったらそれはかなり不安になる事は確かだと思います。 考えたらかなり便利な時代になったという事も事実です。 つまりある物を買ってもらってその代わりにキャッシュバックしますというシステムなのです。 現金を手にする代わりにお客様は当然クレジットカード会社から請求されるという仕組みになっています。 頭ごなしにこれはどうなのだろうかと思うのではなく良く考えて使ったらいいのではないでしょうか。

私は基本キャシュしか信用していませんのでクレジットカードは一応持っていますがあまり使う事はありません。 それでもそれを学んだら使ってみたい気持ちになった事は事実です。 早い話がクレジットカードを使って商品を買うだけでいいのです。 それでややこしい事もなく使えるというメリットがあります。 時にはその日に現金が手に入るという事もある様です。 そしてキャッシュバックは履歴が残りません。 どうしても現金が欲しい時にだけ使ってみたらいい仕組みだと思います。

表があれば裏もあるカード活用術の極意

活用術の極意 これを読んでいる方にひとつお聞きしたいのですが、皆さんはクレジットカードを活用していますか?活用という言葉があいまいなので、活用できているかどうかは主観によって分かれるところですが、クレジットカードを本当に活用している人というのは意外に少ないのではないでしょうか?なぜならクレジットカード自体がどんどん進化していて、これまでに無かったような機能をどんどん備えるようになっているからです。ポイントシステムや各種の保険などはその典型で、それまでのクレジットカードには無かった画期的なものばかりです。

こうしたクレジットカードの進化は、どれもカード会社の企業努力によるものなので、いわば「表」の進化です。そして世の中表があれば「裏」があるように、クレジットカードの進化にともなってさまざまな活用術が考案されてきました。いわばその「裏」の進化として代表的ともいえるのがクレジットカードキャッシングです。

クレジットカードキャッシングとは、その名の通りクレジットカードを使ってキャッシング(お金を借りる)をすることです。キャッシングといえば消費者金融ですが、ここでご紹介するクレジットカードキャッシングは、文字通りクレジットカードを活用したキャッシング術です。 クレジットカードにはショッピング枠といって、一定の範囲でお買い物ができる枠が設けられています。仮にこれが30万円だとしたら、30万円を上限にお買い物ができます。本来であれば、何か商品にすることしかできないショッピング枠ですが、これを活用すればほぼ同額の現金を手に入れることができます。先ほどの30万円というショッピング枠のクレジットカードを活用したとしたら、27万円くらいの現金になります。 表面上は30万円のお買い物という扱いになるので、後は分割やリボ払いなどで利用代金を支払っていくだけです。これなら消費者金融を利用しているのとほとんど変わらないので、クレジットカードを使ったキャッシング、つまりクレジットカードキャッシングと呼ばれているのです。



▲ページTOPへ



Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト