クレジットカード現金化
HOME > いざという時の> メリットとデメリット

メリットとデメリットを身につけよう

通常人々が物を買ったり、何か施設を利用するためのサービスを受けたりするにはお金を支払います。
そして基本は現金でそのまま払ったりあるいは銀行で振り込んで支払いをしたりします。 しかしお金が足りない場合などは現金を支払って買うことができません。 しかしどうしても欲しい商品がある場合もあります。

こういった時にクレジットカードを使用して商品を買うことができます。

クレジットカードは例えば給料前でお金がない場合、カードで購入して給料が入ってから現金を引き落とされるので、こういう場合でも商品を買えるので使い勝手ぎ非常にいいといえます。 そしてこのクレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠の2つがあります。 そしてまずキャッシング枠は非常の便利ですが、金利のほうがものすごい高いので利息が高く付いてしまいます。 金利はおそらく法律で定められている利息制限法に利率ギリギリではないかと思います。 これに対してショッピング枠はキャッシング枠と比べて金利がずっと安く設定されています。 通常クレジットカードで何か物を買うときはショッピング枠で買い物をしたいです。 キャッシング枠で買うと利息が高くなってしまうからです。

そこでクレジット現金化というものがあります。 このクレジット現金化というのはどういうものかというと、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を調達することをいいます。 そして現金を調達すとも比較的容易です。 例えばキャッシングや金融機関からの融資を受けるには審査が必要です。 そして最近は多重債務の問題もあり、法律が改正され融資限度額も制限され、審査も厳しくなっています。 それに引き換えこのクレジット現金化を利用すれば、クレジットカードさえもっていれば現金を調達できるので使い勝手が非常にいいのではないかと思います。チャレンジも必要です。 またクレジットカード現金化のメリットはショッピング枠の金利はキャッシング枠の金利に比べて低く設定されているので、現金調達後の返済と時に高い金利を払う必要がなく返済額も抑えられるというメリットがあります。

クレカの現金化サービス提供するのは換金会社

提供するのは換金会社 個人向けの融資サービスを行うキャッシングなどを提供する会社は、消費者金融機関などの貸金業者です。一般的にこれらのサービスはCM活動などで知名度が高くよく知られたサービスですので、それを取り扱う店舗も非常に分かりやすく、利用者がその店舗を探すということを利用者がする必要はありません。

しかしながらクレジットカードの現金化サービスは少し事情が異なります。クレジットカードの現金化サービスはキャッシングカード会社にその利用が認められていないため、公にサービスおこなえないという事情があり、インターネット上でしかそのサービスが提供されていません。したがって利用者が何もしなくても情報が入ってくるということはなく、検索におって利用者が店舗を探さなければいけないという事情があります。

これらの店舗は換金会社と一般的にいわれていますが、気を付けなければならないのはこのサービスの背景が原因で、これらの換金会社のホームページを検索する前にこれらサービスの情報を取り扱う情報提供サイトなどの、サイト情報を利用した上で換金会社のサービスを比較しなけれならないという事情があるのです。関連会社には正しくサービスを行わず、詐欺まがいのサービスを提供している悪質な業者もいますので、それらの情報を事前によく知り間違いのない換金会社とだけの付き合いを行わなければならないということが、クレジットカードの現金化サービスには必要なのです。



▲ページTOPへ



Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト