クレジットカード現金化
HOME > 還元率とは> 許せる範囲

許せる範囲があります

繁華街の電柱の張り紙やスポーツ新聞の広告欄などで、「クレジットカード現金化」というのを良く見かけます。

あるいは、「クレジットカードのショッピング枠の現金化」というのも良く見かけます。
通常のクレジットカードの使い道は、物品を購入する際、クレジットカード払いにすれば、その場の支払いはクレジットカード会社が代行して支払い、指定された引き落とし日に指定口座からその分の代金が支払われるという、いわゆる「ショッピング機能」と、ATMなどから現金を借入できる「キャッシング機能」が備わっており、それぞれに最高限度額の枠が設けられています。 通常は、ショッピング枠の半分から3分の2がキャッシング枠になっています。

つまり、ショッピング枠の方が、金額が大きいというわけです。

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」は、例えば金券などをクレジットカードで購入し、それを売買することで現金化するものです。 しかし良く広告で見かけるクレジットカード現金化業者の場合、現金に困っている借り手に、その業者の指定した物品をクレジットカードで買わせ、それを買い取るという方法をとっている場合が多く見かけられます。 クレジットカードで購入したものが、確実に現金になるというのが謳い文句です。

しかし、甘い言葉で誘い、物品だけ買わせて、代金を支払わない闇業者も多く、また殆どの業者では、例えば50万円の物を買わせて、買取り代金が20%引の40万円ぐらいが相場になっており、クレジットカードの場合、一括なら遅くとも35日後辺りには代金50万円分を支払うので、借り手にとってはま全く得策でない日歩利息になってしまいます。 特に、消費者庁などが注意を呼びかけているのが、現金化という言葉で誘う詐欺で、物品だけ売り逃げする業者が後を絶ちません。

一頃の鳩山政権下では、金融庁を中心に規制する法制化する動きもありましたが、官政権でその負えも弱まり、消費税値上げ内閣下では、全く聞かれなくなってしまいました。 もし現金に駒って、クレジットカードの現金化をせざるを得ない状況であれば、

許せる範囲は、5%まで、つまり50万円の物品購入で、475000円の買取りであること。

それ以下であるなら、消費者金融など別な手段を上手に活用しましょう。

現金化サービスの90%を超える還元率はどんな意味を持つ?

90%を超える還元率 クレジットカードの現金化は非常に便利な現金捻出方法ですが、その取引については注意をしなければならない部分もあります。それは具体的にどのような事柄なのでしょうか。今回は特に還元率についてのリスクを紹介しましょう。

一般的に還元率というのは、利用者が商品を購入した代金から換金会社が手数料を差し引いた金額ということになるのですが、この換金会社の手数料の仕組みをまずは理解しなければなりません。実はこの手数料には、換金会社以外にも商品の決済を行った、クレジットカード会社の利益が含まれています。したがって手数料の中に2つの会社の利益が含まれているということになるわけです。一般的に会社利益は最低が5%と言われていますので、その最低利益で計算してもその利益× 2社ですから、どうやっても10%以上の利益が必要となるわけです。

このことから、還元率を考えると90%以上の還元率であるということは、どちらかの会社が利益を削っているということになり、先程の話と矛盾する部分が出てきます。このことから90%以上の還元率は現実的にはあまりありえない還元率であるということが理解できます。では90%以上の還元率を歌う換金会社は、一体どのような会社なのでしょうか。確実であるということは言えませんが、最も考えられることとして、その換金会社は正規のサービスを行っていない、いわば悪徳の詐欺会社である可能性もあるということでしょう。

このサービスの中の最も重要なポイントは、まずは安全な取引を行うということですから、その観点から考えると、まず選択肢からは最初に外さないといけない換金会社だということになります。したがって90%以上の還元率を提示する換金会社との取引は、非常にリスクを伴った取引である可能性が高いので、利用者の方々は出来るだけそのような換金会社との取引は、避けるべきであるというのが、安全な取引を行う上で非常に重要な考え方であると言えるでしょう。



▲ページTOPへ



Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト