クレジットカード現金化
HOME > 還元率とは> お得で便利

お得で便利な理由

近年、クレジットカードを所有する人が増えてきて、カードで現金化することが可能になっていますよね。

すぐお金が必要!という人は、このサービスを利用しなくては損です。
なんといっても、金利が低いこと。 通常、キャッシング、消費者金融を利用して現金を用立てる、という人は特に知って おいたほうがいいですね。

まず、金利が全然違うことです。

消費者金融の金利は、たぶん20%くらいですよね。 クレジットカード現金化した場合の金利は、13%前後が平均なんです。 私も、いざという時は利用しようと思っていろいろ調べておきましたが、この金利の違いはびっくりでした。

一番面倒な審査がいらない、というのも魅力ですよね。

通常なら、いちいち審査があって、即現金というわけにはいかないのですが、クレジットカードでならその審査が省かれるんです。 時間短縮、金利も安いとなれば使わないのはもったいないです。 それと、窓口や電話での手続きは必要なく、オンラインで決済の申込みができるそうです。 ということは、日本のどこにいても現金化ができるということになりますよね! パソコンや携帯電話が繋がる場所なら、いつでもOKなのです。 便利な世の中になりましたねぇ。

ただ、現金化業者によって、利用できるカードと利用できないカードがあったり、手数料の金額が違う、ということもあるようなので、事前にしらべておくとお得に利用できて[こんなはずじゃないのになあ]ということが無いでしょう。 84%からの還元率が平均らしいのですが、業者によってはかなり還元率が異なる、といったこともあるらしいので事前調査をして許せる範囲を見極めることが損をしない秘訣ですかね。 クレジットカードは、ショッピングの際現金が手元になくても商品が購入できる、ショッピングでポイントが貯まり、必要な時は現金化ができる、などとても便利なカードです。

便利さに甘えて使いすぎないように注意していればいいのですが、あとで後悔する人も 多々いますよね。

還元率90%の現金化サービスが1つの基準

サービスが1つの基準 クレジットカードの現金化サービスは、非常に便利な特に収入弱者にはメリットの多い有効なサービスですが、このサービスの最も優劣要素として、大きな要素である還元率について今回は紹介していきましょう。

一般的にこの還元率というのは、90%以上の取引はリスクが高いと言われています。その理由とは一体なんでしょうか。これは還元率を決定する換金会社の手数料にその原因があります。実はこの手数料とは換金会社の外に、決済を行うクレジットカード会社の利益が含まれており、2つの会社の利益で構成されているわけです。したがって一般的な最低限の会社利益として5%と言われている数値で計算してみると、還元率は90%以上は原理的にありえない数値だということがわかってきます。

したがって利用者が最大にメリットを得ようとすると90%に限りなく近い90%以下の還元率が良いということになります。クレジットカードの現金化を要する方はこの換金に際して使われる還元率の仕組みを十分に理解し、まずは安全で次によりメリットの大きいサービスを利用することを考えるようにすることをお勧めします。



▲ページTOPへ



Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト