クレジットカード現金化
HOME > いざという時の

いざという時に頼りになります。

いざという時 最近では現金でのお買い物よりも、クレジットカードを使ってお買い物をされる方が増えている様です。
その理由は、現金を持ち歩かないことへの安心感や、買い物に応じてポイントが貯まるお得感にあると思います。 もちろん昔に比べて、使用時に手間がかからなくなり簡単になったこともあり、複数のカードをうまく使い分けておられる方もおられます。 クレジットカードは主に、買い物時の支払いに使いますが、他にもとても便利な使い方ができます。
それがクレジットカード現金化というものです。
通常クレジットカードにはキャッシング枠というものがあり、これは、あらかじめ設定された上限金額まではキャッシングすることができるというものです。 そしてもし、キャッシングの上限を使ってしまっていても、まだ他にも、ショッピング枠を利用して現金化する方法があります。 もちろんショッピング枠ですから、お買い物に使わなければならないのですが、そのショッピング枠を使って金券や現金化しやすい物を購入し、 それを売却すれば、手元に現金が残ることになります。
突然まとまったお金が必要になったとき、また新たに他の消費者金融などと契約しお金を借りるよりも、 使っているクレジットカードを現金化すれば、比較的金利も安くすみますし、金券等の購入時にポイントもついているのでお得でもあります。 また別の会社と契約することで、カードやお金の管理が複雑になってしまうということもありません。 ただし、こういったクレジットカードの現金化というものは、結局カード会社からお金を借りているということに変わりはありません。 キャッシング枠もショッピング枠も、使った以上は後々必ず返済しなければならないものです。 現金化は、本当に困った時にはとても便利なものではありますが、欲しいモノがあるからとむやみに利用するのではなく、 金利や返済方法、金額をしっかり考慮した上で、必ず返済していける範囲で現金化していくことが大切だと思います。

現金化のキャッシングよりも劣るポイント

キャッシングよりも劣る クレジットカードの現金化も、非常にメリットの多いサービスであることは間違いありませんが、全てにおいて万能なサービスなわけではありません。例えばクレジットカードの現金化サービスは、法律上あくまで合法的なサービスではありますが、その利用をクレジットカード会社が禁じているため、公にサービスが利用できないという面があります。

このことに起因して、サービスの利用を行う利用者が、すべての責任を自己責任において、履行しなければならないという点や、万が一利用者と換金会社のトラブルが起こった場合に、法律上の担保や解決の仕組み作りが何もないため、その場合においても利用者がすべてその責任をおわなければならないという環境があります。これは世の中からサービスとして正式に認められているキャッシングと比較をすると劣っているポイントであるといえます。

ただしキャッシングでも、悪徳な業者はいますのでその点においては、そのリスクは同じ内容であると言えるでしょう。全体的にやはりリスクとメリットを考えると、クレジットカードの現金化のメリットは圧倒的に多いということが、言えるということは間違いないでしょう。


クレジットカード現金化情報

スムーズに借りるなら 効果的な利用
うまく使うって? チャレンジも必要
メリットとデメリット 自営業でも簡単

▲ページTOPへ



メニュー

クレジットカード現金化の豆知識

Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト