クレジットカード現金化
HOME > クレジットカード現金化は安全?

常に囁かれる誇大広告の噂を検証

現金化は安全 クレジットカード現金化は、およそ10年前に登場して以降、徐々に利用者数が増加しています。その背景には、クレジットカードがあれば誰でも審査不要で利用できる手軽さ、全国どこでも電話1本で利用できる便利さがあり、法人・個人を問わず幅広い方に人気があります。
しかし、そのように利便性の高いキャッシングサービスがノーリスクなのか、初めての方には不安があると思います。
そもそも、クレジットカード現金化は合法なのか、違法なのか、そこから説明してみましょう。結論からいうと、クレジットカード現金化は違法サービスではありません。
金融機関ではない一般企業から商品を購入し、換金したりキャッシュバックを受けたりすることは、法律的には問題ありません。
ただし、クレジットカードの規約では、ショッピング枠を換金目的で使用することは禁止されており、発覚した場合はクレジットカードを解約されることがあります。
しかし、個人で大量の金券類を購入するなど、利用履歴から明らかに換金目的が疑われる場合でなければ、クレジットカード現金化を行っているかどうかはカード会社には分からず、実際はグレーゾーンの方法として多くの方が利用しています。
また、キャッシュバック型のサービスであれば、換金禁止という利用規約には当てはまらないため、より安全に使用することができます。
とはいえ、カード会社の支払いが滞った場合は、クレジットカード現金化を言い訳として使用できず、債務整理や自己破産の手続きをしようとしても許可が下りないことがあります。クレジットカード現金化は非常に便利なサービスですが、必ず返済できるという確信がない限り、消費者金融同様、無暗に使用することは止めた方がよいでしょう。
また、利用者と現金化業者とのトラブルについては、カード会社が対応することはできないため、業者との連携はしっかり取っておく必要があります。
よくあるのが、個人情報の伝達ミスによって現金が入金されないなどのトラブルであり、電話申込みよりも記録が残るインターネット申込みの方が安全性は高いといえます。そのような不作為のトラブル以外にも、悪徳業者による詐欺などが存在するため、業者選びを行うときは慎重に判断する必要があります。悪徳業者を判断する基準はいくつかありますが、責任者の名前や会社の所在地について明記されていない、リスクについて言及していない、公式サイトの作りがチープであるという場合には、とくに注意が必要です。

▲ページTOPへ



Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト