クレジットカード現金化
HOME > 現金化サービスははたして違法か?

クレジットカード現金化は厳密には法的に違法なサービス?

違法なサービス? これは多くの方が非常に興味を持って確認したい部分だと思いますが、いわゆるクレジットカードの現金化サービスというのは、厳密的に法律の上で、合法的なサービスであるのかどうか、または違法なサービスなのかということがあります。
このことについて、正確にその内容を紹介すると、 厳密に法律上このクレジットカードの現金化は違法性はなく、合法的なサービスであることは間違いありません。 ではなぜ違法性などの話が話題にのぼるのでしょうか。これはクレジットカードを発行しているクレジットカード会社が、いずれの会社もこの換金行為を認めていない為、その利用を禁止しているからです。これはあくまで民事上の問題であるので、問題はクレジットカード会社に公に知られずに、利用することが大事であるということになります。
非常に微妙な話となるのですが、現実的にはクレジットカードの現金化を執り行う、換金業者が指定する商品を購入した場合でも、実はクレジットカード会社は、その購入代金の一定の手数料を得ています。したがって現実的には、利益者がトラブルに見舞われない限り、その行為を黙認しているというのが実際のところとなっています。
したがって利用者がトラブルを起こすようなことがない限り、安全に継続した利用ができるということになっているわけです。これが換金会社を安全に選択することを、最も重視すると言われる所以となっています。

法的な判断では現金化サービスはどうなるのか?

クレジットカードの現金化は、非常に便利な方法ではありますが、法律上の判断はどうなるのかという部分に関しては、あまり理解を正確にしてない方も少なくないのではないでしょうか。そのような方々のために、今回はその法的な取り扱いについて、紹介していきましょう。
基本的にクレジットカードの現金化というのは、購入した商品を換金するということになります が、ではクレジットカードを利用して、購入したブランドのバックは、中古の商品として利用者が売却することは違法性があるのでしょうか?その答えは明白だと思います。なんら違法性はなく、合法的な行為であることが知られており、法律上なんら違法行為ではないということになります。
このクレジットカードの現金化は、非常に微妙な取り扱いになっているというのが現実的な取られ方でしょう。しかしながら、やはり基本的には商品を購入してから、換金を受けているわけですから、先程の例となんら変わらず、取り扱われてるのが現実です。なんといっても後日、代金分の返済は利用者が行わなければならず、その点においても違法性はないという判断をして、問題はないでしょう。
クレジットカードの現金化を利用している方々は、このあたりの法律上の解釈についてもしっかりと理解をし、正しい認識をしておくことが大事である事は間違いありません。

▲ページTOPへ



Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト