クレジットカード現金化
HOME > カードを預けるのが怖い?

まずは現金化の仕組みを知ろう

カードを預ける クレジットカードの現金化サービスを利用するために、カードを業者に預けなければならないと考えている人が、依然としてとても多いという事実があります。広告などを見るとクレジットカードを活用!!という感じの文言が多いので、あれだけを見るとカードを預けて何かをするのだろう思ってしまうのも無理はありません。
しかしここでハッキリさせておきますが、そのようにカードを本人から預かって何かをするということは一切ありません。カードは手元に置いたままで全てが完了するので、カードを預けることに不安や懸念を全く心配する必要はないのです。
それではなぜカードを預けることなくショッピング枠を現金化したりできるの?今度はそんな疑問を持つ人がたくさんいます。カードがないとショッピング枠に何らかのことをするのは無理ではないかと思うのは当然ですよね。ここで重要なのはカードが必要なのではなく、カードに書かれている情報が必要だということです。クレジットカードの券面には、カード番号や有効期限、持ち主の名前などが記載されています。券面の裏には署名欄や、何やら番号が印刷されている部分もあります。ショッピング枠の現金化には、これらの情報が必要なのであって、カードそのものは必要ないのです。
これらの情報は電話などで伝えることができるので、カードは手元に置いたままでOKということです。 クレジットカードを預けるとなると、何か悪用されるのではないかと不安になる人は多いと思います。 実際に過去にそんな事件もあったので、その心配は当然といえます。しかし現金化にカードそのものは必要ないので、その点は心配する必要ありません。
この延長線上で見知らぬ相手にカード情報を知らせるのが怖いという声もあります。おそらくほとんどのケースにおいて、カードの現金化はショッピング枠の目一杯まですることになると思います。それ以上はいくらカード情報を知っていても新たな決済はできないので、悪用しようにも不可能です。もちろん現金化業者は信用第一なので、仮に限度枠に余りがあってもそんなことはしないので安心して下さい。

現金化の還元率の金利との取り扱いの違い

クレジットカードの現金化サービスにおいて、還元率という要素はキャッシングサービスの金利と似た要素があります。これらの要素は、共により良い条件の提示をする会社が、利用者にとってはメリットの大きな会社であるということが言えるでしょう。

しかしながらこの還元率は、キャッシングで言う金利と唯一異なったポイントがあるということを利用者は理解しておかなければなりません。それはそれぞれのサービスの背景による違いに原因があるといえます。これは、いずれのサービスも法律上は合法的とは言え、キャッシングサービスが公に提供されているサービスであるということに対して、クレジットカードの現金化サービスは、そのサービスが公に利用できないという事情があるため、 1部悪質な業者が優良な業者の中に混在していると言う環境があるのです。

このため、このような業者は利用者にとってどの良いサービス内容広告表示していることから、あまりに高い還元率を提示している換金会社の取引を行った場合、利用者に大きなデメリットが生じる可能性があるわけです。キャッシングでは金利は当然低ければ低いほど、利用者にとってメリットが大きいわけですが、クレジットカードの現金化サービスは、あまりに高い還元率のサービスを提供する換金会社との取引は、逆にリスクが高まるということを、利用者がよく理解しておかないければなりません。


クレジットカード現金化情報

クレジットカード現金化が気になる 賢く安全に
困ったときは現金化 返済方法
多くのメリットがある 急にお金が必要なとき
現在の利用価値 こんなときは

▲ページTOPへ



メニュー

クレジットカード現金化の豆知識

Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト