クレジットカード現金化
HOME > 家族に知られたくない方へ

家族バレを防ぐための現金化ノウハウ

知られたくない お金の工面をしていることを人に知られたくないというのは、多くの人に共通する人情です。さらに家族にも知られたくないとなると、その思いはさらに深刻です。特に結婚している男性にとって、妻にバレたくなりという思いがとても強い人は多く、「妻にバレたら離婚される」という人も少なくありません。確かに離婚や婚約破棄の理由が借金ということは意外に多いので、こうした危機感を持つ人が多いのも無理はありません。
さてそんな「家族に知られたくない」という人にとっては、キャッシングなどを利用する際に色々と心配になることが出てきます。審査のために家や会社に電話が掛かってくるのは必須なので、それでバレたらどうしよう!というわけです。もちろんローン会社もそのあたりは心得ていて配慮が行き届いているので、個人名で電話をかけてくれるようになっているのですが、審査がそういう仕組みになっていることを知っている人に対しては無力です。
それを踏まえて秘密保持という意味でのクレジットカード現金化を見てみましょう。クレジットカード現金化は融資ではないので審査がありません。審査がないということは、審査では必須となっている家や会社への電話がありません。本人確認はもちろんクレジットカード現金化でも必要ですが、FAXなどを使って行うことができます。これなら電話が掛かってくることによってバレるというリスクを回避することができます。クレジットカード現金化を選ぶ人の中には、この高い秘密保持性が理由になっていることが実に多く、 やはり皆さん家族にバレると何かと問題があるという方が多いということの裏付けともいえます。
ちなみにクレジットカード現金化は、お金を工面する段階では家族にバレる可能性は皆無ですが、クレジットカードを利用した履歴が請求書に残るので、家に毎月届くクレジットカードの請求書、そこからバレないように注意してくださいね。文字通り頭隠して尻隠さずということになりませんように。

当日実施がキャッシングと混同されている現金化サービス

混同されている現金化サービス 消費者金融機関が提供するキャッシングなどの融資サービスには、即日サービスというものがあります。これは申し込みから審査を経て、利用者に融資を実行するまでの処理を非常に速くした便利なサービスなのですが、クレジットカードの現金化サービスについて、これらのサービスと認識を混同している利用者の方々がおられます。

しかしながら実際にはそれは誤った認識であり、正確な認識を持っておく必要があります。それはキャッシングサービスは借入のサービスですが、クレジットカードの現金化はあくまで換金サービスであるということを、利用者がしっかりと理解しておかなければなりません。キャッシングは融資サービスですので、借入に関して審査もあり、融資に至る前にさまざまな準備が必要となります。

しかしながらクレジットカードの現金化サービスは、利用者が持参しているクレジットカードが既に発行されてる段階で、審査は何もなく、そのクレジットカードに設定されているショッピング枠を利用して、商品を購入し、その商品が掲載された時点で、換金会社はその商品を換金してるだけですので、キャッシングサービス比較しても、あっという間にその処理は終わってしまう訳です。

したがって、振り込み時点での利用者の申し込みからの時間を考えれば、クレジットカードの現金化サービスは、キャッシングの即日サービスよりも処理事項が少なく、当日にサービスをすることが基本となるわけです。

▲ページTOPへ



Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト