クレジットカード現金化
HOME > クレジットカード現金化の活用

キャッシング限度枠がいっぱいでもあきらめない!

キャッシング限度枠 すでにキャッシングやカードローンなどを利用している人にとって、それらの限度枠というのはとても大きな問題です。複数の会社を利用している人の場合は、それぞれの残高や返済日など意識しておかなければならないことはとても多く、「気づけばキャッシングの限度枠がいっぱいになっていた」ということもよくあります。
もちろんクレジットカードにもキャッシング枠はありますが、 キャッシングを専門としているローン会社などには限度枠の規模が及ばず、本格的に使うには少々物足りない金額に抑えられていると思います。
ではこうしたキャッシングを利用している人の限度枠が、いよいよいっぱいになってしまったらどうなるのでしょう?増枠という方法もありますが、すでにキャッシングの枠をいっぱいにしてしまっている人に、新たな融資枠を与えてくれるローン会社はなかなかありません。「遂に破産か・・・」と思う前に検討したいのが、クレジットカード現金化です。
キャッシングにばかり目がいっている人というのは、クレジットカードに対してもキャッシング枠にしか関心がいっていないことが多く、クレジットカードが本来持っているショッピング機能についてあまり意識していないことも多いものです。しかしほとんどのクレジットカードにおいてショッピング枠というのは、キャッシング枠よりも大きな金額が用意されているので、それを活用できる現金化というのは金策にとても有効なのです。
例えばすでに数社のキャッシングが限度枠いっぱいになっている人がいるとします。これ以上利用したくも増枠は断られたとなると、もう後は返済困難になって債務整理しかなくなってしまいます。しかしこの人がクレジットカードを持っていたら話は別です。仮にショッピング枠が30万円程度あったとしたら、少なくとも25万円程度の現金にすることができるので、 これらのキャッシングへの返済に回すこともできるようになります。 つまりまだ資金繰りをあきらめずにすむのです。

クレカ現金化の当日処理は当たり前です

当日処理 クレジットカードの現金化について検討している方は少なくないのではないでしょうか。特に年収の少ない方や与信の低い方については、総量規制などの影響を受けるキャッシングと比較すると、現実的に非常に有効な現金調達方法ですので、具体的に利用を考えてる方も多いことでしょう。

しかしながらその換金サービスを行う換金業者については、十分な精査を行い、安全な換金業者との取引は必修行為です。基本的にクレジットカードの現金化は、換金業者が指定する商品を利用者が購入することで、その商品の決済が取れた事を換金業者が確認した後、クレジットカード会社の手数料と換金業者の手数料を差し引き、利用者に振り込みを実施することで、利用者が現金を入手できるのですが、この決済までの時間は利用者が商品を購入してから、時間をかけずすぐに換金業者が判断できる仕組みになっています。

その後は振り込み作業だけが換金業者に必要な作業であり、結果的に利用者がクレジットの決済を行えば、すぐに振り込みが可能になっていることから、換金行為に数日かかるような業者との取引は基本的にリスクが非常に高くなる可能性が高いので避けなければなりません。基本的にはクレジットカードの現金化については、当日に実施されるのが普通のサービスなっていますので、複数日処理にかかるというような謳い文句を掲げている換金業者との取引は避けたほうが無難でしょう。

▲ページTOPへ



メニュー

クレジットカード現金化の豆知識

Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト