クレジットカード現金化
HOME > 還元率は高すぎると要注意

クレジットカード現金化の還元率には注意を

還元率には注意 クレジットカードの現金化は年収の低い方や与信のあまり高くない方にとっては、非常に便利なサービスです。このクレジットカードの換金サービスは還元率と言う要素があり、これはキャッシングにおける金利と同様の意味を持っていますが、唯一キャッシングサービスと異なるのは、このサービスが公には利用されていないということです。
クレジットカード会社の利用規約には違反する行為となりますので、公にそのサービスを利用できないことから、換金作業を行う換金業者の中には、悪質なサービスを行う業者もおり、それらの業者を利用者は自分の自己責任で判断しなければいけないと言う要素があるのです。これらの判断は、インターネット上の情報提供サイトなどで、ある程度リスクを回避できますが、特に高い還元率を提供するというような、サービスを提供する業者の取引は十分に注意をした上でサービスを利用する必要があります。
いちどトラブルに巻き込まれると、その後は利用者に非常に不利な状況が待っていますので、やはりその様な状況になる前に、そのような業者との取引を行わないというのが、最も確実で安全な業者との取引方法といえるでしょう。クレジットカードの現金化を検討する方々は、必ず取引を行う前に、情報を精査し、安全な業者との取引を心がけることをすめします。

現実的に提供が不可能な還元率とは?

クレジットカードの現金化には非常にサービスの取引上、大きな要素として還元率というものがありますが、この還元率には物理的に不可能な還元率があるということを、利用者はしっかり理解しておく必要があります。
基本的にこの還元率を決めるのはクレジットカード会社の徴収する利益と、換金業者が徴収する利益を合わせたものとなります。利用者が購入した商品代金の中から、この2者の利益を差し引いたものが還元率となるので、仮に換金業者の利益率が0%であり、カード会社の徴収する利益が5%であったとしても、物理的に95%以上の還元率はありえないということが理解できるでしょう。したがって基本90%以上の還元率のサービスというのは、非常に取引において注意を要する取引であるということを、利用者は理解しておかなければなりません。
この90%というのは1つの判断基準となりますので、初めてクレジットカードの現金化サービスを利用しようという方は、これらの還元率に十分注意をして利用することをおすすめします。

クレカ現金化はキャッシングのような審査はありません

クレジットカードの現金化について利用者の中には、また利用を考えてる方々の中には、キャッシングとの違いがよく理解できてない方が少なからずおられるでしょう。これらの方々の中にはクレジットカードの現金化が複数日かかるというような認識をお持ちの方もいるでしょうが、それは誤った認識でしょう。

基本的にキャッシングなどの利用であれば、申し込み後に融資審査があり、その審査に時間がかかるというのが一般的な常識ですが、クレジットカードの現金化にはこのような審査などの行為はなく、クレジットの決済が承認されれば、その後はすぐに現金の振り込みが行われる仕組みになっています。従ってキャッシングのような必要日数はかからず、ほとんどの業者が時間にもよりますが、キャッシングを利用した当日中に振り込みをすることが可能になっています。

むしろクレジットカードの現金化を利用して、換金処理に複数日かかるという換金業者であれば、 その業者は正規のサービスをしていない可能性がありますので、十分に注意をして利用する必要があります。 これらのサービスを利用する方は、換金サービスは当日の内に実施される仕組みを知っておくとよいでしょう。

▲ページTOPへ



Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト