クレジットカード現金化
HOME > 店舗型VSネット型 クレジットカード現金化業者について

店舗型とネット型の大きな違い

クレジットカード現金化に対応している業者には、大きく分けて店舗を構えている業者と、ネットで業務を行うネット型の業者とに分けることができます。どちらもクレジットカード現金化というサービス内容は同じなのですが、それぞれ特徴が異なります。 店舗型の場合には、商品を購入してその場で返品という形で現金化してくれますし、ネットを使わなくても目の前で現金化の作業をしてくれるという安心感があります。しかし、店舗運営にかかる費用等が全て利用者の手数料として上乗せされているため、還元率はやや低めの業者が多いと言えるでしょう。つまり、手数料が高い業者が多いというわけです。また、店舗内で購入してすぐに返品する商品は、金券や新幹線の回数券など、クレジットカード会社にとっては要注意の商品ばかりなので、そこに目をつけられてクレジットカード利用停止となるリスクは高くなってしまいます。 一方、ネット型の場合には、ネットを使ってすべての対応をするため、ネットを使いこなすことが大前提となりますが、還元率は高い業者が多く、カードの利用停止リスクも低く抑えることができます。また、場所や時間を問わずにいつでも利用できるという点もメリットの一つと言えるでしょう。

▲ページTOPへ



メニュー

クレジットカード現金化の豆知識

Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト