クレジットカード現金化
HOME > クレジットカード現金化を利用することは怖い?危険性について解説

危険性は何?守るべき大事な要素とは

クレジットカード現金化は怖いという話がネット上でしばしば見られます。確かに利用するにあたってリスクはあるので、その部分は認識しておいたほうがいいです。
クレジットカード現金化が怖いといわれるのは、悪徳業者がいるからというのが大きな理由です。実際に闇金業者のような質の悪い業者がいるのは事実です。
電話をかけたところ恫喝まがいの脅迫を受けたという体験談もネット上では見られます。
また詐欺サイトも見受けられます。現金化のために商品をカードで支払いました。
ところが待てど暮らせど自分の口座に現金が振り込まれないという事例です。
クレジットカード現金化を利用するためには個人情報を提示する必要があります。
しかし悪徳業者の中には、このお客さんから入手した個人情報をほかの業者に転売しているところもあります。個人情報の流出を防ぐためには、悪用される恐れの高いカード情報は決して渡さないようにしましょう。
またメールアドレスもフリーメールのものを活用するなどの対策が必要です。
クレジットカード現金化が怖いといわれているのは、お手持ちのカードが利用停止になってしまうかもしれない点です。
カード会社ではショッピング枠の現金化について、厳しく禁じています。もし現金化が怪しまれるような使い方をしていると、利用停止になることも考えられます。
そこで注意すべきは、業者が何を購入するように求めてくるかです。
新幹線の回数券や金券チケットのような換金性の高い商品を大量に購入するように言われると、カード会社から目をつけられる恐れがあるので注意しましょう。
クレジットカード現金化にはこのようなリスクがありますが、正しく業者選びをすれば危機回避は可能です。
まず気になる業者があれば、電話で問い合わせしてみましょう。
たとえ恫喝されたり、しつこく勧誘されたりしても電話を切ってしまえばいいからです。
丁寧な言葉で説明してくれる業者であれば、社員教育がしっかりしていて信頼できる業者と判断できます。
また最近では女性のオペレーターを多く配置しているところも出てきています。
男性と比較して女性の方が柔らかい印象があるので、気軽に問い合わせできるでしょう。
さらに連絡先がフリーダイヤルになっているかも確認しておきたいところです。
フリーダイヤルであれば、電話料金を気にすることなくわからないところをどんどん質問できます。
逆に携帯電話の番号しか書かれていないようなところは利用しないほうが賢明です。

▲ページTOPへ



メニュー

クレジットカード現金化の豆知識

Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト