クレジットカード現金化
HOME > 現金化の歴史

今でこそ知名度が高い現金化の意外に長い歴史

現金化の意外に長い歴史 クレジットカードを使って現金を手にする方法は2つあります。ひとつはそのカードに設定されているキャッシング枠を利用して現金を引き出す方法。最もシンプルな方法ですが、クレジットカードの中にはキャッシング枠が設定されていないものがあるのと、全体的に限度枠が小さいので求めているだけの金額を用意できるかというと、そうはならないこともあるでしょう。そこで検討したいのはもうひとつの方法です。 それはクレジットカードのショッピング枠を現金化するという方法です。一般的に現金化と呼ばれています。
この現金化というのは最近になって急に知名度が高くなってきたようにも見えますが、実は結構長い歴史を持っています。さすがにインターネットから申し込んで、5分や10分後に現金が振り込まれてくるというのはイマドキですが、クレジットカードのキャッシング枠を使ってしまった人や、もとからキャッシング枠がないという人にとってはショッピング枠を何とかして現金化したいというのは共通する要望でした。買い物に使う際には現金のように使えるのだから、それを現金にすることだって出来るはず…というのがその根拠です。
具体的にいつからあったのかというのを正確に把握するのは難しいですが、スポーツ新聞に広告が載せられていた時期という意味では、もう10年以上も前にさかのぼります。スポーツ新聞の広告は、その時代を映す鏡だと言われますが、その頃からたくさんの現金化に関する広告が載っていたということは、それだけ多くのニーズがあったということを意味しています。
その当時はサラ金と呼ばれていた消費者金融もまだまだ元気だった頃なので、消費者金融という選択肢もあったと思いますが、現金化を検討していた人の多くはすでに消費者金融を使い込んでいて、そこには枠が残り少なかったという人も多かったように思います。そんな人たちにとって、このサービスがいかに重要なものであったのかは容易に想像がつきます。

クレカを利用した現金調達方法

皆さんはクレジットカード利用した、現金調達方法があるというのをご存知でしょうか。ほとんどの方はキャッシングのような感覚でこのサービスを見ている方が多いようですが、その実態はキャッシングと全く異なったものです。

基本的にキャッシングと比較すると借り入れ申し込み後にキャッシングであれば、審査がありますがクレジットカードの現金化にはそのようなものはありません。基本的にはクレジットカードのショッピング枠を利用し、そのサービスを提供する換金会社が、指定する商品を利用者が購入しその商品を換金会社が現金で買い取ることにより、利用者の商品が換金され、手数料が差し引かれた現金が利用者にキャッシュバックされることにより、現金を調達できるという仕組みになっています。

さらに大きな特徴は、このサービスであればキャッシングなどの中では、普通に行われている与信状況や年収などによっての、融資条件や融資のための金額の上限などの利用に関する上限がショッピング枠の利用枠の範囲内であれば、全く自由に現金を調達できるということです。これは特に収益のあまり高くない方などにとっては、非常に大きなメリットとなります。またキャッシングなどであれば、安定的に継続的な収入がある事が最低限の条件ですが、クレジットカードの現金化であれば、そのような条件も全く必要ありません。

ただ唯一の条件として、クレジットカードを持っているということだけ、ということが利用のための条件だからです。 現在現金の用意をしなければならないような状況に置かれている方は、是非このクレジットカードの現金化を、いちど利用してみることをおすすめします。


クレジットカード現金化情報

クレジットカード現金化が気になる 賢く安全に
困ったときは現金化 返済方法
多くのメリットがある 急にお金が必要なとき
現在の利用価値 こんなときは

▲ページTOPへ



メニュー

クレジットカード現金化の豆知識

Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト