クレジットカード現金化
HOME > カードをお持ちでない方へ

まずは現金化の仕組みを知ろう

クレジットカードの現金化サービス 「クレジットカードの現金化サービスを利用しませんか?」という宣伝をしているところのほとんどは、すでにクレジットカードを持っているということを前提にしています。しかし世の中には現実にクレジットカードをまだ持っていないという人もたくさんいるはずです。未成年などは事情が別ですが、大人になってもクレジットカードを持っていないという人は意外に多く、そんな人にとって現金化を使うも何も、まずはクレジットカードを持たなければ、という話になるわけです。
クレジットカードの「クレジット」というのは信用という意味であることからも分かるように、経済的な信用がある人でないと持つことができません。経済的な信用…つまりは安定した収入のある職業があるという意味です。しかし世の中には安定的な収入があってもフリーで働いている人やアルバイトの人など、いわゆる会社勤めの人のような収入を証明できないという人がたくさんいます。そんな人はクレジットカードを持つことができず現金化の恩恵にもあずかれないのでしょうか?いえそんなことはありません。ローン会社と違ってクレジットカードはカード会社独自の判断基準で審査をしているので、カードによっては無職の人や定期的な収入を証明できない人であっても持つことができるものがたくさんあります。
その中でも最もオススメしたいのが、ハウスカードと呼ばれるものです。これはショッピングモールや家電量販店などが提携して発行しているカードです。特に大手スーパーが発行しているカードについてはメジャ−なものが多く、スーパーに来店する人は専業主婦つまり無職の人が多いということもあって、無職であることが審査NGになる直接的な理由になりません。過去に滞納や破産などをしていなければ原則OKとなっているカードも多く、スーパーやショッピングモールに行って設けられている特設ブースなどに行けば、簡単に申し込むことができます。
ハウスカードは審査が通りやすい代わりにキャッシング枠がないことがほとんどで、ショッピング枠は10万円から30万円程度です。本来であればこれで現金を手にすることはできませんが、現金化サービスを使えば、ハウスカードのショッピング枠を活用して現金を手にすることが可能になってきます。

クレカの現金化で注意しなければならないポイント

キャッシングサービスと比較すると、非常に便利なクレジットカードの現金化サービスですが、唯一このサービスの中で注意しなければならないポイントとは、一体どんなものがあるのでしょうか。今回はこのことについて紹介していきます。

基本的にクレジットカードの現金化サービスは、法律上は合法的な取り扱いを受けていますが、その一方で、クレジットカード会社はこのような換金に至る、サービスを認めておらず、利用者も換金会社も、このサービスを公に利用できないという側面があります。

これは両者にとって当然トラブルが発生した場合は、リスクになりますので基本的にはこのサービスを利用する場合、絶対にトラブルのない取引を行うということが、非常に重要になります。そのためには利用者が、インターネット上で提供されている情報提供サービスなどの、サイトを最大限に活用することで、安全で確実な換金会社の選択を行うことが、非常に重要であるといえます。


クレジットカード現金化情報

クレジットカード現金化が気になる 賢く安全に
困ったときは現金化 返済方法
多くのメリットがある 急にお金が必要なとき
現在の利用価値 こんなときは

▲ページTOPへ



Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト