クレジットカード現金化
HOME > 利用金額についての考え方

まずは現金化の仕組みを知ろう

仕組みを知ろう クレジットカードの現金化を利用している人の多くは、すでにローン会社ローンなど他の金融サービスを利用したことがあると思います。すでにローン会社を利用したことがあると仮定して、ちょっと思い浮かべてみてください。
仮に必要なお金が10万円だとします。そしてローン会社ローンの限度枠は50万円だとすると、10万円を利用してもまだ40万円分の枠があるということになります。この場合この人はいくらの現金を引き出すべきでしょうか?その答えは明白で10万円ちょうどが正解です。いくら利用できる枠があるからと言って多めに利用していては、やがてパンクしてしまうのは目に見えています。
これと同じことを、クレジットカードの現金化にも当てはめてみてください。カードのショッピング枠が50万円分あって、必要なお金が10万円だとします。この場合「どうせ何度も利用することになるから」と言って多めに20万円・30万円という金額を現金化することは正解でしょうか?これは言うまでもなく不正解です。こんなことを続けていては、多めに手にした現金もいつしかよく分からないうちに使ってしまうのは明白です。
ローン会社の場合はATMで小刻みにお金を出し入れすることができるので、必要な分だけ少しずつという使い方をしやすいのですが、クレジットカードの現金化はお金の受け取る時と返済の時の手続きが面倒なので、なるべく回数を減らすために金額を多めにしておく方が良いのでは?と錯覚を起こしがちですが、そもそもこれがすでに間違いです。実際に利用してみると分かりますが、クレジットカードの現金化はとても簡単で手軽なサービスで、もしかするとその便利さはローン会社ローンよりも上かも知れません。 「面倒そうだから」という理由で必要もないような金額を利用することは決してオススメできません。
返済についてはカード会社にしていくことになりますが、ちょっとお金に余裕があるのであれば、カード会社のATMで繰り上げ返済をすることもできます。こうしたことをこまめにすることによって、現金化サービスがより便利なものと実感できるはずです。

現金化サービスを受けるために必要な条件

一般的にキャッシングなどの個人向け融資サービスを、利用しようと考えた場合、いろいろな条件が必要となります。例えば、定期的で継続的な収入が必要であったり、仕事についての属性を要求されたりと、さまざまな条件を必要とされます。

その一方で、クレジットカードの現金化サービスを利用しようと考えた場合、条件となるのはたったひとつ、クレジットカードを所有している事となります。また定期的な職業についている必要もなく、その他一切の条件を必要としない、クレジットカードの現金化サービスは、キャッシングと比較しても非常に優れた、現金調達方法であるということは間違いないところでしょう。

特に借り入れを利用する場合に、その審査評価が気になる方や、現実に高い評価を得られていない方々 、または総量規制の影響を受け、借入れができない方々や、仕事についていても定期的な収入を得ていない方々にとっては、非常に重宝すべき現金調達方法であることは、間違いないでしょう。現在急な現金の必要性から、まとまったお金を必要としてる方の中で、キャッシングではその対応をすることができないという方については、このクレジットカードの現金化を、ぜひ検討してみることをお勧めします。


クレジットカード現金化情報

クレジットカード現金化が気になる 賢く安全に
困ったときは現金化 返済方法
多くのメリットがある 急にお金が必要なとき
現在の利用価値 こんなときは

▲ページTOPへ



メニュー

クレジットカード現金化の豆知識

Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト