クレジットカード現金化
HOME > ローンと現金化は何が違うの?

まずは現金化の仕組みを知ろう

ローンと現金 現金を手にして後から返済があるということは、要するにお金を借りていることです。そのため、どうしてもローン会社と混同している人が依然として多く、そのことに対する誤解のせいでクレジットカード現金化が持つ本当の意義がうまく伝わっていないような気がすることもあります。
ローン会社ローンとクレジットカード現金化との違いについては、色々なところで解説されています。詳しくはそちらをご覧いただくと良いのですが、多くの解説記事で触れられていない重要なことがもうひとつあるので、ここではその点について解説します。それは信用調査機関との関わりです。
ご存知の方も多いと思いますが、ローン会社のローンを利用していて、その返済が滞ったりするとブラックリストと呼ばれるリストに名前が掲載され、以後他のローン会社が利用できなくなるようになっています。返済能力のない人に利用させるほどローン会社は慈善家ではないので、これは企業として当然の防衛策です。
クレジットカード現金化を利用しようと思っている人の中には、過去にローン会社で返済を滞らせたりしたことがある人もいます。 そんな人は過去の履歴に心当たりがあるので、自分は利用できないのではないかと思われることが実に多いのです。
ローン会社に信用調査機関があるように、クレジットカード業界にも同様の仕組みがあります。そこではクレジットカードを利用したものの、支払いが滞ったりしている人のリストが管理されているので、どこかのカード会社で支払いをしていないなどの履歴があると、他社のカードが作れなくなります。
これを逆に考えるとローン会社とクレジットカードとでは信用調査機関が異なるので、仮にローン会社ローンがブラックリストになってしまっている人であっても、クレジットカードが使える状態なのであれば、そのショッピング枠を利用して現金化をすることができます。ブラックリストになってしまった人にとっては、むしろクレジットカード現金化がとても重要な資金繰りになることもあるのです。

危険な換金会社との取引は絶対に厳禁

取引は絶対に厳禁 クレジットカードの現金化サービスを利用する場合、最も気をつけなければならないのは換金会社とトラブルを起しまうことでしょう。これはサービスの置かれている環境に大きな理由があるのですが、クレジットカードの現金化サービスは、法律上は合法的なサービスですが、クレジットカード会社がこの換金行為を禁じてるため、利用者も換金会社も公にサービスが利用できないという一面があります。

この閉鎖性が悪質な換金行為を行う1部の換金会社にとっては、非常に分の良い隠れ蓑となっており、利用者から見るとサービスの成否を決める換金会社の選択は自己責任で行わないといけないという環境になっているため、最も重要なポイントは以下に安全な換金会社との取引を行い、そしていかに危険な換金会社と取引を行わないかということになってくるわけです。

このような詐欺まがいの換金会社との取引を避けるための具体的な手段として、最も有効なのはインターネット上で提供されている情報提供サイトなどの情報をしっかり収集し間違いのない、換金会社との取引を利用者が行うということになります。これらの情報提供サイトをしっかりと参考にし、情報を収集することでほぼ詐欺まがいの危険な換金会社との取引は、回避することが可能ですのでそのことを十分に念頭において、 利用者はクレジットカードの現金化を利用することが大事でしょう。


クレジットカード現金化情報

クレジットカード現金化が気になる 賢く安全に
困ったときは現金化 返済方法
多くのメリットがある 急にお金が必要なとき
現在の利用価値 こんなときは

▲ページTOPへ



Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト