クレジットカード現金化
HOME > カード利用停止に関して

現金化を利用すると利用停止になるの?

カード利用停止 24時間いつでも現金を引き出すことができるという点や、審査が全くないということなど、キャッシングやローンと比較しても、何かとメリット一杯のクレジットカード現金化サービス。これだけ便利なサービスなので注目度はとても高いのですが、それに伴って色々な噂も飛び交っています。ここでは噂の一つ「現金化を利用するとカードが利用停止になる」という噂の真相について検証してみたいと思います。
利用停止に関する噂の前に、現金化は違法であるという声も一部ではありますが、これについては景品表示法に明記されているように、合法性に問題はありません。では本題の利用停止に関する噂についてですが、クレジットカードのショッピング枠は、お買い物をした際の代金支払いをカードで行うということを目的に作られています。
欧米には小切手で支払う習慣が定着していて、小切手を切った後で銀行口座からそれの売り掛けが回収されるという仕組みになっています。小切手はある程度銀行から、経済的な信用を得ている人しか使えないものなので、全ての点においてクレジットカードととてもよく似た仕組みです。クレジットカードの現金化というのは、こうした小切手から続くクレジットカードの利用方法として想定されていないものでした。しかし古くから換金性の高い商品を購入して、それをすぐに売却して現金を手にするという手法はあり、 それをやったからと言ってカードが利用停止になったという話は聞いたことがありません。
現在の現金化サービスは、それよりもさらに進化した決済システムを利用していますが、お買い物をしたという決済処理に違いはなく、また購入した商品が届くので、どこから見ても通常のお買い物と何も変わりません。
結論としては、現金化を利用したからと言ってそれをカード会社が設けている何らかのガイドライン違反になるということはなく、それを理由に利用停止になるということは原則ありません。一般には換金目的でカードを利用することは、このガイドライン違反となることが多いですが、カード会社がこの点を立証するのは非常に困難なのです。そして利用停止になったという事例があるのは、そこで決済した利用額をちゃんと支払わないなど、信用上のトラブルが起きた場合です。

詐欺を行う換金会社の一般的な手口とは?

一般的な手口 クレジットカードの現金化サービスは、キャッシングなどと比較をしても非常にメリットの多い有望な現金調達方法が行えるサービスですが、その一方で非常に悪質な手口で利用者から現金をだまし取るような換金会社があることも事実です。

このような詐欺まがいの換金会社は、非常に悪質な手口を行いますので利用者は十分に注意をする必要があります。具体的にその手口のいくつかを紹介します。まず最もポピュラーなのが利用者のクレジットカードの番号や、暗証番号を電話や書面でまことしやかな理由をつけ聞き出そうとするケースです。一般的にクレジットカードの換金を行う換金会社がそのようなことを聞いてくることはまずありませんので、このような場合、決してその番号を教えるようなことをしないように利用者がすることが大事です。

このケースであれば、非常に換金業者の手口としてはわかりやすいのですが、質が悪いのが通常の換金会社を装い利用者に商品を購入させておきながら、その商品代金を振り込まないという業者もいます。この手の業者の場合サービスを利用し取引を行ってからしか、その素性がわかりませんので利用者にとっては非常にやっかいな存在です。このような換金会社との取引を行わず、トラブルを避けるにはいかに事前の情報収集で、怪しい換金会社との取引を行わないかと言うことが、もっとも利用者にとっては重要です。


クレジットカード現金化情報

クレジットカード現金化が気になる 賢く安全に
困ったときは現金化 返済方法
多くのメリットがある 急にお金が必要なとき
現在の利用価値 こんなときは

▲ページTOPへ



Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト