クレジットカード現金化
HOME > 現金化の請求書の内容は?

クレジットカード請求書に記載される内容

請求書に記載 クレジットカードのショッピング枠というのは、その名の通りお買い物のためにある枠です。30万円のショッピング枠があるカードというのは、30万円までの枠でお買い物ができるという意味ですが、30万円まで現金を手にすることができるという意味ではないところがとても重要です。クレジットカードで直接現金を手にするには、キャッシング枠を使うしかないというのがこれまでの常識でした。
そこへもってきて注目を集めているのが現在のカード現金化です。これまではショッピング枠がいっぱいになってしまったらフリーローンを利用するなどにいくしかなかったところが、クレジットカードだけでまだ現金を手にすることができるというのは、ちょっと大げさですが革命的なことです。
ショッピング枠を使うということは、キャッシングのようにお金を引き出すということではないので、請求書には明細が記載されます。一般のショッピングセンターでの買い物などでしたら問題ありませんが、カードの現金化サービスを利用すると、どういったところから品物を買い付け、そしてそこにはいったいどんな文言が入るのか?これを気にする人は意外に多いので、ここで解説しておきたいと思います。
依頼をする業者によって違いはありますが、おおむねインターネットでショッピングをしたように見えるような記載が入ります。 もちろん「現金化」という文言が入ることは絶対にないのでその点は心配無用です。 よくクレジットカードの請求書を家の人に見られる可能性がある人は、この点をとても気にされます。ただしそれまであまり万単位のカード決済をしない人にとっては、普段とは桁の違う決済をしているという意味では目立つので、その点だけは何らかの言い訳が必要になるかも知れません。しかし現金化の場合は怪しげな社名が入るということもないので、この点については色々な顧客の事情を踏まえた上での配慮が行き届いていると考えて良いでしょう。

クレジットカード現金化サービスは還元率が全て?

消費者金融機関が提供する、個人向け融資サービスであるキャッシングサービス等と同じように、クレジットカードの現金化サービスも、そのサービスの優劣を決定する金利のような要素があります。それが、いわゆる還元率と呼ばれる要素です。

この還元率というのは、利用者がサービスを提供する換金会社の商品を購入した際に、換金会社が手数料を差し引きますが、その手数料を差し引いた残金の原価に対しての割合を示したものが、還元率となります。当然ながらこの還元率の基準とは、より高い還元率の方が利用者に対してのメリットが大きいので、利用者側としてはできるだけ高い還元率を提供する、換金会社のサービスを利用したいというふうに考えるでしょう。

しかしながらこの還元率は、その仕組みを理解すれば、どの程度の還元率が物理的に限界であるのかということが容易に理解できます。実はこの還元率を決定する際に、換金会社が差し引く手数料の中には、クレジットカード会社の決済手数料が含まれているのです。したがってこの手数料の中には2つの会社の利益が含まれているわけであり、一般的に企業の最低率として考えられている5%というものを基準で考えると、手数料は最低でも10%以上ということになります。

そうなると、還元率の物理的な最大の値は90%ということになり、それ以上の還元率を提供するという広告表示を出している換金会社のサービスは、リスクが高い取引になる可能性があるということを、利用者は理解しておかなければなりません。


クレジットカード現金化情報

クレジットカード現金化が気になる 賢く安全に
困ったときは現金化 返済方法
多くのメリットがある 急にお金が必要なとき
現在の利用価値 こんなときは

▲ページTOPへ



メニュー

クレジットカード現金化の豆知識

Copy Right (C) クレジットカード現金化サイト